株式会社ビー・エイド中西

お問い合わせ

お金と減税

一定の要件を満たすリフォームを行った場合は、税制の優遇措置を受けられる場合があります。
その一部を簡単にご紹介します。

減税制度の種類

減税の優遇措置を受けられる種類はいろいろあります。減税制度を上手に利用して、節税に役立てましょう。

所得税の控除
所得税とは個人所得に課税される税金です。適用要件を満たすリフォームを行った場合は、税務署での確定申告で必要な手続きを行うことで、控除を受けることができます。
固定資産税の減額
固定資産税とは保有する土地や建物にかかる税金です。適用要件を満たすリフォームを行った場合は、当該家屋にかかる固定資産税の減額を受けることができます。
その他の税金について
平成33年12月31日までは贈与税の非課税措置があるほか、平成30年3月31日までは登録免許税の特性措置、平成31年3月31日までは不動産取得税の特例措置などがあります。詳しくはお問い合わせください。

減税対象となるリフォームの種類

減税対象となるリフォームは主に下記の内容になります。詳細はお問い合わせください。

省エネリフォーム
窓や床、壁の断熱工事、高効率給湯器の設置工事など、既存住宅における省エネ性能を上げるためのリフォームで、一定の要件を満たした場合、所得税の控除、固定資産税の減額措置が受けられる場合があります。
耐震リフォーム
現行の耐震基準に適合する改修工事を行うことで、一定の要件を満たした場合、所得税の控除、固定資産税の減額措置が受けられる場合があります。
バリアフリーリフォーム
通路の拡張や階段・浴室の改良、手すりの取り付けなどのバリアフリーに対応させるリフォームで、一定の要件を満たした場合、所得税の控除、固定資産税の減額措置が受けられる場合があります。
同居対応リフォーム
キッチンや浴槽の増設など、親・子・孫の世代間で助け合いがしやすい住宅環境を整備するリフォーム。一定の要件を満たした場合、所得税の控除、固定資産税の減額措置が受けられる場合があります。